2013年8月23日金曜日

バックミラーの懊悩

懊悩と言うほどのことも無いのですが:-) Bromptonに乗るようになってバックミラーが欲しいと思いながら決定打を見つけられずにいました。ついには自作を思い立ち材料を探していたらこんなものを見つけてしまって・・・

マニアは使わなさそうだなぁと思いつつ、そこは初心者の強みでこだわりなく購入したのがこれ ”BackEye リストバンドミラー” 台湾製なのも嬉しいです。


固定・調整は全てマジックテープ(ベルクロ)なので自由度はそれなりに高いのですが、初めは空しか見えませんでした(+_+)

更にいろいろ試して・・・




ミラーが垂直になる位置に調整したら実用的な視野に。

私のエルゴンのグリップは握るポジションが1つだけなのでもう少し腕の外側に巻けばベストのようです。
厚着をする季節になったら視野の確保が難しいかな? ダウンを着ると隠れてしまうかも知れませんが、寒くなったら乗らなかったりして:-)

必要に応じて見たい方向に手を動かせば良いのだし、ハンドルの振動の影響もほとんど受けないので予想以上に使える印象を持ちました。信号待ちの時が恥ずかしいですが、しばらく使ってみることにします:-)


高速で走るわけでもないので後方確認はその都度振り向けばOKなのですが、のんびり走っていると交差点の手前でロードバイクがかすめるように追い抜いて行くことがあります。音がしないので抜かれてビックリすることが何度もありました。これは歩行者を追い抜くときも、ゆっくり並んで気づいてもらってから追い越さないといけないなと思いつつ・・・

それで簡単なバックミラーが欲しかったんですが、どれもグリップエンドから飛び出すか上下に伸びたアームの先かで、nero君を畳むことを考えると今一つイカサナイなと思ったわけです。
メガネや帽子に付けるミラーも一応考えましたが私的にはどれもちょっとやり過ぎな感じ。手袋に付けるよりは、腕時計に付けるオプションパーツとしてのバックミラーまたは腕時計一体型のバックミラーを自作予定でしたがBackEyeが期待以上に実用的だったので私のアイデアはまたしてもお蔵入りとなりそうです:-)

走行距離:9.27km



PS. 実際に使っている人の情報がほとんど見つからなかったので参考までにもう少しご紹介。オレンジ色のペンケースは腕の代わりです:-)

幅広のリストバンド風。ベルト自体はメッシュ素材なのですが大半にベルクロが縫い付けてあるので通気性はイマイチ。汗をかきます。メッシュのベルクロがあれば良いのに。

自転車から降りた時にもすぐにカバーを戻せるのでそれほど恥ずかしい思いをしないで済みそうではあります:-)


カバーを開けるとカーブミラーが出てきます。
プラスチック製ですがよく映ります。
これ自体もベルクロで着いているのでパーツさえあれば交換は簡単。曲率の違うものも試してみたいです・・・無いか:-)
カバーを丸めるように固定した角度。(Cのイメージ) これだと空しか見えませんでした:-)
幅広のベルト部分がベルクロなのでひねり気味に角度を調整するのも簡単


カバーには裏だけでなく表側にもベルクロが貼ってあるので丸めずに固定すればほぼ垂直にできます。(Ωのイメージ)

このポジションに気づくまでは、その都度ハンドルから手を浮かせてミラーを見ていました。これで少し腕の外側に廻してベルトをすれば手のひらが下向きのポジションでも結構見えるようになりました。


コイン用のポケットも付いているのですが、自販機でおつりが出て来たら・・・このポケットはご愛嬌ということで:-)

2 件のコメント:

heroshower さんのコメント...

そろそろ更新の頃かな?と楽しみにしていました(笑)。
Bromptonで走っているとすぐ右を追い越していく自転車、バイクには結構驚かされるものですね。バックミラーの必要性は私も強く感じます。
それにしても面白いのを見つけましたねぇ。それも良いですが、「イージーミラー スポルト」や、私の使っている「イルミラー」タイプも悪くはないですよ。

良い自転車に乗ると、10Kmくらいは何とも思わなくなるでしょう(笑)。

プロトスペース さんのコメント...

普通のミラーとしてはスポルトが第一候補だったんですが、メガネに着けるミラーを見てからハンドルに付けるミラーは消えました:-)
これがあればバイクが何台に増えても大丈夫ですゼ、師匠お一ついかが?

ホントに10kmくらいは気になりませんね。夕立が心配でまだ遠くまで行ってませんがそろそろ倍くらいのところへ行ってみようかな(^^;;